医療法人社団 祥正会グループ


白内障とは?

眼の中のレンズの役割をする水晶体が、年をとると濁り始めます。濁ると光が十分に通らなくなり、
もやがかかって見えたり、明るいところで眩しいなどの症状が現れ、見えづらくなります。

白内障


白内障の見え方


白内障の治療について
白内障初期時は進行を遅らせる薬を使用しますが、進行が進んだ時は、手術によって治療を行います。
眼に、小さな切開を行い、そこからにごった水晶体を砕いて取り出し、人工の水晶体である眼内レンズを
挿入します。

白内障の治療


手術につきましては、「こちらへ」

眼内レンズの種類と違い

・眼内レンズには単焦点レンズと多焦点レンズがあります。
違い、
単焦点レンズ
ピントを合わせる調整力がない。
近くか遠くにピントを合わせるので合っている方は良く見えるが、
合っていない方を見る時は眼鏡が必要です。
多焦点レンズ
手元から遠くまでおおむねピントが合う。
眼鏡に依存する頻度を減らすことができます。
ただし、眼鏡をかかえた方が楽に見える場合もあります。
※ 多焦点レンズは保険適用外です。先進医療の保険が適用できる場合もあります。
詳細はスタッフまでお問い合わせください。

白内障